MEMBER

A-Traction > MEMBER

安藤岳洋 Ph.D.

Takehiro Ando

代表取締役

細胞を対象とした研究からメカトロニクスまで、新しい医療を実現するために幅広い研究を手掛ける。

担当:システム全体の調整、センサの開発、鉗子駆動系の機械設計、システム内全ての電子回路設計

粟野啓太

Keita Awano

最高技術責任者

元産業用ロボットメーカで研究レベルから量産まで携わり、出荷台数は述べ数千台になる。一般的なFAロボットであれば、ほぼ全てのタイプで開発経験有。

担当:ロボット本体の概念設計から詳細設計、コスト管理、組立調整、評価

山本浩隆 MDIC認定者

Hirotaka Yamamoto

元医療機器メーカにて機器の設計から製造および薬事業務全般に従事。

担当:薬事業務、GUI周辺のコーディング

宮本寛之 Ph.D.

Hiroyuki Miyamoto

Ph.D.

前職において腹腔鏡下手術に用いる術野展開のための機器の研究開発に従事。

担当:鉗子の開発

 

 

元大手半導体メーカにてドライエッチ装置およびIoT開発に従事。

担当:システム内の全ソフトウェアの全体設計、コントローラ(RTOS)周辺のコーディング

矢部翔太

Shota Yabe

医療機器メーカーにて眼科検査機器の開発に従事、 メカエンジニアとして構想設計から量産後対応まで上流から下流の全工程を経験。その後、大手医療機器メーカーにて既存製品の設計変更、新製品の量産立ち上げに携わる。

担当:鉗子の量産立ち上げ、評価治具の設計。

片山太加志

Takashi Katayama

技術派遣会社にて特殊車両の試作から量産立ち上げに携わる。その後、医療機器用部品の工程設計に従事。

担当:ロボット本体の詳細設計、コスト管理、組立調整、評価

林 薫

Kaoru Hayashi

最高営業責任者

医療機器メーカーにて営業・教育(社内外)・コマーシャル部門に従事。
又各診療科の学会などのイベント企画運営を経験。

担当:営業関連全般